ホームページ制作での失敗談

homepage24ホームページ制作をやっていると初心者あるあるというものがあります。
ホームページ作成ソフトを使っていると起こりやすく、人に指摘されて初めて気が付くということが多いです。
特に多いのがリンク切れなのですが、リンク切れが起こる理由は様々です。

例えば画像などを指定する際、間違って自分のHDD内のファイルに直接指定してしまうことがあります。
プレビューすると、自分のPCでは表示されるため自分では全く気づきません。
閲覧者の方に「◯◯の画像が表示されません」などの指摘が入り、初めてリンク先がおかしいということに気付くことも多いです。
テキストファイルを自分で全て打てばこのような間違いは起きないのですが、ソフトを使用する場合は画像を指定するだけでリンクが出来るという手軽さゆえによくある失敗です。
また、サーバー上の要らないフォルダを消した時に、その中にある画像をリンク先に指定していた場合も☓マークが出て表示されなくなります。
しかし、ホームページを作り始めてページ数が増えるとなかなか全部のページを管理することは難しく、消してしまったことに気づかないままで放置するというパターンも多いのです。
この場合も画像なら画像でimgなどの名前をつけたフォルダに全て入れれば良いのですが、バラバラにしてしまうと後々リンク切れも起きやすくなってしまうのです。
ホームページ制作は楽しいのですが、初心者に失敗はつきものです。
なので、完成したページはリンク先の情報などしっかりソースを確認しましょう。
余裕があればHTMLとCSSの勉強もしておくと管理がしやすくなります。